現代の若い女性は何がほしいのか?えんじょ交際の相場から考察してみました

現代社会は「消費社会」と揶揄されます。
毎日毎日お金を支払ってたくさんの物を消費し、楽しみながら生きているのです。
しかしどうして消費社会なのでしょう。

これが資本主義経済

日本は世界標準の資本主義経済の社会です。
誰もが自由に会社を興すことができ、その中には従業員もいれば投資家もいるという社会のことです。
平たく言うとお金儲けが第一に優先される社会と言うことですね。
多くの会社は人に何かしらのものを提供します。
食べ物や製品であったり、サービスであったり様々です。
物の提供や役務の提供に伴って支払われるのが対価たるお金です。

お金をほしがる若い女性

つまり私たちが今よりも豊かに生きるためには必然的にお金が必要と言うことがわかります。
そんな中若い女性がお金をほしがり、「えんじょ交際」に手を染めるというケースが多くなっています。
援助交際は皆さんご存じかと思いますが「売春」という行為に当たり、これは法律により禁止されている犯罪に他なりません。

若い女性

SNSに広がる「ホ別苺」の言葉

皆さんは「ホ別苺」という言葉の意味がわかりますか?
これはホテル代は別に1万5千円で援助交際できますよという隠語です。
由来は諸説ありますが、なるべく単文でなおかつ数字を使わずに表現した結果と言われています。
数字を使ってしまうとすぐにばれてしまうため、苺という全く関係の無い漢字を当てたわけです。

SNSサイトも基本的には出会いを目的に利用しないことになっています。インターネットでの交流を一番の目的にしているわけです。表向きには、そうなっていますが実態は援助交際をする温床になっていることは否定できません。
出典:http://xn--eck7a6c111oojwz4jo53d.com/

1万5千円の力

若い女性にとってみたら1万5千円というのは非常に大きな力を持ちます。
ゆとりのある世代であれば1万5千円と言いますと、金額的にはそれなりに大きいもののそんなにたいしたことでは無いと思うでしょう。
しかしお金が無く、資本主義経済のなかで何らかのキャッシュを生み出す能力を持たない女性にとってみたらこれは大きな金額です。
力を持つと言うことは彼女らが何をほしがっているのかと言うことがわかりますね。
実は1万5千円から様々考察をしてみると、彼女らがどうして援助交際をするのかと言うことがわかります。
何がほしいのかはいくつかありますが、後々ご紹介しましょう。

1万5千円のチカラ

あなたはそれでもほしいかな?

援助交際は心にも体にもずっと記憶が残り続ける行為です。
一方でそのときに手に入れられた1万5千円はすぐに無くなってしまうあぶく銭です。
果たして彼女らは何をほしがっているのでしょうか。
また、あなたはそこまでしてはかない1万5千円というお金を手に入れ物を購入したいのでしょうか?
考えるきっかけになればうれしいです。